自動車保険 等級

自動車保険 等級

『下取り』よりも『買取り』のほうが、平均で16万円も高く売れた!
?あなたの車の価値は、今いくら?



自動車保険 等級とは?仕組みは?

自動車保険の更新時に“等級”とかって見かけますが、自動車保険の等級とはなんのでしょう?

 

簡単に言えば、無事故で運転している人は、事故などを引き起こした人よりも、保険を利用する確率が低くなるので、その条件に合わせて等級でランク付けしますよ!って思えばいいかとおもいます。

 

 

 

やっぱり、車を同じように運転していて、一度も事故を起こしていない人と、何度も事故を起こしている人が、同じ保険料っていうのも、なんか納得いかないですよね。そういう不公平感をなくしてくれるのも“自動車保険の等級”制度なんです。

自動車保険の等級の仕組み

では、その自動車保険の等級ですが、どういう仕組みはどうなっているのでしょう?

 

自動車保険の等級の仕組みは1級から20級まであって、数字が増えるほど保険料の割引率が高くなります。

 

じゃぁ、最初はみんな1級からスタートか?というとそうではなく、自動車保険に加入する際は、「6級」からがスタートになります。
無事故なら翌年から、1年ごとに1等級ずつ上がって行き、マックス20等級となります。

 

ただ、万が一事故を起こしてしまったときは、3等級下がる仕組みで、最悪1等級まで下がります。

自動車保険 等級の割引

どうせなら、保険料は安いほうがいいですよね。
ですが、事故をすれば、仮に10等級まで上がった翌年の更新では7等級になってしまって、保険料もその分割り増しになってしまいます。

 

逆に自動車保険にはじめて加入して無事故であれば、7等級に上がって、しかも保険料が20%も割引になったりすごくお得になります。

家族間の等級の引継ぎ

自動車保険は、家族間の等級の引継ぎという裏技ではないのですが、方法もあります。
継承制度っていうらしいですが、同居している子供などにお父さんの等級を引き継ぐことが出来る制度となっています。

 

仮に、お父さんが20等級だけど、あまり車に乗らない、けど、今度お子さんが免許をとって車を買う!となると、お子さんの等級は6級からスタートとなりますが、お父さんの20等級を引継ぐことで保険を抑えることができるという仕組みです。

 

もちろん、様々な条件はありますが、使えるものは有効に使いたいですね。